不用品売買の周知を目的とした情報サイト

リサイクル業界の不用品売買

日本のリサイクル業界の規模

日本のリサイクル業界は、近年のリサイクルショップの増加傾向からも見て取れるように、拡大傾向にあります。

特に顕著なのがインターネットを介した商品売買の増加で、中でもフリマアプリの成長は著しく特筆すべき点ですが、インターネットによる取引増は、店舗販売の減少という弊害ももたらしました。

もっとも、取引額の増減幅を鑑みれば、フリマアプリをはじめとしたインターネット取引の普及は、リサイクル業界にとってプラスの側面の方が大きいことが窺えます。

現在リサイクル市場は、インターネットという新たな取引場所を得たことで、業界規模の拡大が継続していると考えられ、リサイクルショップでの取扱商品の種類増加は、その裏づけでもあるのです。

不用品を売買する方法

リサイクル業界の市場規模拡大に伴い、リサイクルショップが増加したことで、不用品の売買が容易になり、リサイクル業界の市場規模はさらに拡大しました。

リサイクル業の市場拡大は、リサイクル業のキモである不用品の買取にも当然影響しています。

そこで、現在行われている不用品の買取方法をご紹介しましょう。

まずは、持ち込み買取で、これはもっともイメージしやすい店舗での直接買い取りになり、次いで、宅配買取は、指定の段ボール箱等に商品を納めて郵送する買取方法です。

この他に、現在の主流であるインターネットを利用したネット買取、業者が自宅まで査定に来る出張買取などが見られますが、最初の持ち込み買取を除いて、利用者の利便性を追求した買取形態が複数みられることからも、リサイクル業界の顧客争いの激しさが窺えます。


TOPへ戻る